「生殖補助医療法」は優生思想を引き起こしかねない 幅広い議論が必要

舩後靖彦・参院議員
  • 文字
  • 印刷
舩後靖彦氏=舩後靖彦事務所提供
舩後靖彦氏=舩後靖彦事務所提供

 秋の臨時国会で、「第三者から卵子や精子の提供を受けた生殖補助医療で生まれた子どもの親子関係を明確にする民法の特例法」が成立した。この件について、障害当事者の立場を踏まえた意見を述べたい。

 れいわ新選組は法案段階で、法案に盛り込まれなかった多様な論点についてきちんと議論をつくすべきであり、現段階では拙速であるという判断から、反対した。

 具体的には、同法第3条(基本理念)の第4項「生殖補助医療により生まれる子については、心身ともに健やかに生まれ……」という部分を強く問題視している。

 なぜか。この条文は、命に優劣をつけ、選別する優生思想を引き起こしかねないという懸念があるからだ。

 条文は一見すると、子どもの健康をはかるものに読めるだろう。しかし、障害のある当事者たちは、そう受け止めてはいない。現在行われている出生前診断により、障害や病気が判明すると中絶を選ぶ人が多い社会の現状を踏まえると、この条文を理由として、障害や病気のある子どもの命が選別され、「障害や病気…

この記事は有料記事です。

残り1070文字(全文1504文字)

舩後靖彦

参院議員

1957年生まれ。会社員、介護関連事業会社副社長などを経て2019年参院選でれいわ新選組から出馬し初当選。比例代表、特定枠。00年に筋萎縮性側索硬化症(ALS)と診断された。当選1回。