コロナ感染拡大阻止には政治への信頼が不可欠だ

田中均・日本総合研究所国際戦略研究所理事長
  • 文字
  • 印刷
田中均氏=藤井達也撮影
田中均氏=藤井達也撮影

 筆者は昨年来、このコラムにおいて日本の統治体制の劣化や危機における政治リーダーシップの在り方について繰り返し問題提起を行ってきた。安倍晋三前首相の退陣により政権が交代し4カ月がたった今、再び同じような議論を展開しなければならないのは、とても残念だ。

日本はコロナ感染拡大防止に成功しているか

 米国で感染者が累計2250万人、死者は37万人を超え、英国では感染者約316万人、死者約9万人に対し、日本では感染者累計約30万人、死者約4100人であり、欧米に比べれば圧倒的に感染者や死者が少ない。日々の感染者にしても英国では日本のおよそ10倍だ。この理由として日本ではPCR検査数が依然少なく感染者数が低く出ることや、ウイルスの性質の違い、欧米とは異なる文化的習慣や日本人の特性を含めいろいろ挙げられているが、科学的に説明するのは難しい。ただ、日本の感染防止対策が成功しているのかどうかを知る上で比較するべきは欧米ではなく、共通点の多い東アジアの周辺諸国なのではないだろうか。

 東アジア・東…

この記事は有料記事です。

残り2996文字(全文3439文字)

田中均

日本総合研究所国際戦略研究所理事長

1947年生まれ。69年京都大学法学部卒業後、外務省入省。オックスフォード大学修士課程修了。北米局審議官、在サンフランシスコ日本国総領事、経済局長、アジア大洋州局長を経て、2002年より政務担当外務審議官を務め、05年8月退官。同年9月より(公財)日本国際交流センターシニア・フェロー、10年10月に(株)日本総合研究所国際戦略研究所理事長に就任。06年4月より18年3月まで東大公共政策大学院客員教授。著書に『見えない戦争』(中公新書ラクレ、19年)、『日本外交の挑戦』(角川新書、15年)、『プロフェショナルの交渉力』(講談社、09年)、『外交の力』(日本経済新聞出版社、09年)など。2021年3月よりTwitter開始(@TanakaDiplomat)。毎日リアルタイムで発信中。YouTubeチャンネル(@田中均の国際政治塾)。