Social Good Opinion

なぜ僕は「エシカル就活」という言葉を作ったか

勝見仁泰・株式会社Allesgood CEO
  • 文字
  • 印刷
勝見仁泰さん
勝見仁泰さん

企業選びに「社会課題の取り組み」

 みなさんは、“エシカル”という言葉を聞いたことがあるだろうか。“エシカル/ Ethical”とは直訳すると、「倫理的な・道徳上の」という意味だ。一般的に「法律などの縛りがなくても、みんなが正しい、公平だ、と思っていること」と言われる。

 エシカル就活というのは「人、地球環境、社会に配慮した企業を選ぶ就職活動」のこと(創案者:筆者)。

 業種や業界ではなく、「人・地球・社会に配慮し、“環境配慮”や“社会課題”」に積極的に取り組む企業に就職する、というムーブメントだ。これまで、企業6社、学生300人による企業合同イベントを開催してきた。

 昨今、Z世代と呼ばれる若者のSDGs(持続可能な開発目標)をはじめとした、社会課題への関心度が向上しており、Allesgoodの独自調査では「企業選びの軸は?」の問いに5人に1人の就活生が「社会課題への取り組み」と回答している。

 一方、「企業の社会課題の取り組みが不透明」「SDGsが免罪符になり、本気で取り組んでいる企業がわからない」といった声もあがる。現状の就活サービスでは「業種・業界」でのリサーチしかできず、多くの学生が企業選びに苦戦している。

「貧困をなくしたい」と思い、途上国ビジネスに挑むも事業撤退

 私自身も、就活に頭を抱えた一人だ。実家が八百屋を営んでおり、幼少期から事業家に憧れた。高校時代にバックパッカーとして東南アジアを放浪。そこで先進国と途上国の経済格差を是正するソーシャルビジネスに関心を持ち、大学では経営学部に所属。そこで「貧困をなくしたい」というテーマが見つかる。文部科学省留学日本代表プログラム「トビタテ!留学JAPAN」に採用され、「途上国の経済成長を目指す、現地の特産品を活用した有機化粧品事業」をテーマにドイツ、コスタリカ、米国に1年間留学した。帰国後、起業を志すも新型コロナウイルス感染拡大の影響により、事業撤退を余儀なくされ、大学4年の初めに就活をスタートした。

口先だけではなく、本気で取り組んでいるか

 自分は「社会課題への取り組み」「自分と会社のビジョンとの親和性」の二つを軸に企業探しを始めてみた。しかし、どの就活サイトでも業界、年収、福利厚生などの情報しかなかった。さらに、気候変動の8割はビジネスが原因であると知り、企業選びに一層慎重になった。SDGsという言葉だけを使用し、PRしている企業ではなく、気候変動の深刻さを理解し、変化している企業に就職したいと思うようになった。

フィリピンにて現地市場調査
フィリピンにて現地市場調査

 そして、自身の周りの就活生も全く同じ課題を感じていることが判明した。ある就活生は「学生時代に“気候変動”に関して国内外問わずさまざまな活動をしてきたが、実際に就活を始めても気候変動に取り組む企業を探すことが困難」と悩んでいた。

 自分を含めた多くの人が「社会課題」という文脈から企業を探せるようにしたいと思い、自身が代表を務めるAllesgoodという会社を立ち上げ、誰もが社会課題を軸に就活できるようにエシカル就活Webサービスを開始した。そこでは、企業の社会課題への取り組みなどを見ることができる。他にも「気候変動」「地方創生」などカテゴリーごとに検索することができ、これまで取り組んできた社会課題テーマで自分に合う企業が見つかる。

まずは“就活”を入り口に世の中を変えていく

 エシカル就活には“外圧”と“内圧”という二つの大きなインパクトがある。

 一つ目は「環境配慮や人権などを軽視し、経済合理性だけを追求する企業には就職しません」という学生から監視される外圧。

 二つ目は、エシカル就活を実践する学生が企業に所属し、内部から変革を起こしていく内圧。

 口先だけで行動が伴わない企業をZ世代の学生はしっかり見抜く。今後増えていくであろう学生から企業への質問。

 「御社はどのような社会課題への取り組みをされていますか?」

 社会課題解決のために、企業と将来世代が共創できる環境をつくって行きたい。

勝見仁泰

株式会社Allesgood CEO

 1998年生まれ。高千穂大学経営学部4年。高校時代は野球に没頭し、プロを目指す。野球の強豪大学から声がかかるも、高校3年に訪れたフィリピンで見た貧困問題から途上国の経済成長に興味を持ち、16年間続けた野球をやめる。フィリピンでの「折り紙」による持続可能環境教育プロジェクトに従事。その後、文部科学省「トビタテ!留学JAPAN」に採用され、ドイツ、コスタリカ、アメリカに「途上国の特産品を活用した有機化粧品事業立ち上げ」をテーマに1年間留学。帰国後、パタゴニア日本支社、ソフトバンクのインターンを経て、Allesgoodを創業。