拝啓 ベルリンより

少女像はドイツで受け入れられたのか 疑問の先に見えてきたもの

念佛明奈・ベルリン特派員
  • 文字
  • 印刷
ベルリン市ミッテ区に設置された少女像=2020年10月9日、念佛明奈撮影
ベルリン市ミッテ区に設置された少女像=2020年10月9日、念佛明奈撮影

 ドイツの首都ベルリンの公有地に、慰安婦を象徴する少女像が建てられ、除幕式が行われたのは2020年9月のことだった。日本側の反発を受けて地元の区当局はいったん撤去を検討したが、韓国系市民団体などの設置継続を求める声に押され、当初の予定通り1年の期限付きで残ることが決まった。日本で強い反発を受ける少女像が、ドイツでは受け入れられたということか。そうだとすれば、なぜなのか。答えを探るうちに、戦後補償問題において世界的に「優等生」と目されるドイツで、まだ十分に議論されていない問題が浮上してきた。

意外に知られていないドイツの負の歴史

 少女像が建てられたのはベルリン市のミッテ区。中心部に位置しながら、観光名所のブランデンブルク門などからは少し離れた静かな住宅街だ。近所に住む私は20年10月以降、何度か現場に足を運んだ。この問題について、どう考えたらいいのかと気になっていたからだ。

 像を見ると、正直なところ、複雑な気持ちになった。なぜドイツにこの像が建てられたのだろう、と。像を眺める周囲の人が私に向ける視線も気になる。「あなたは韓国人? 日本人? どっち?」と問われているような気になったのかもしれない。

 そのもやもやした違和感を解消するかのように語ってくれたのが、ドイツ人の日本史学者、ボン大学のラインハルト・ツェルナー教授(59)だった。日韓関係に詳しい専門家として、私は1月、ツェルナー氏にコメントを求めた。すると「この像の形は誤解を招くため、(少女像設置には)賛成しません。でも日本人は耐えなければならないでしょう」との回答があった。耐えなければならないとはどういうことなのか。私は3月に改めてツェルナー氏にオンラインでインタビューし、尋ねた。すると、ツェルナー氏はまずこう説明した。

 「慰安婦問題をどう考えるかは別として、おそらく大抵の日本人がこの像を見ただけで反感を持つでしょう。そして『若い朝鮮人の女性』の像では、日韓を超えた(世界的な広がりのある問題としての)アピールにならず、性暴力問題全般を広く訴えるのに適していません。だからこの形の慰安婦像をベルリンに建てることには、賛成できません」

 ツェルナー氏は16歳で始めた柔道をきっかけに日本に興味を持ち、大学では歴史学の傍ら日本史を学んだ。1983年には初めて日本に留学した。実はその年に韓国も初訪問しており、日韓史の専門家である。日本と朝鮮半島について、事実に基づく建設的な関係の構築を提唱してきた。

 少女像がドイツに設置されたのは今回のベルリンが3件目だ。この他に、日本側の反対を受けて設置されなかったケースもある。南部フライブルクでは16年、姉妹都市の韓国・水原市の提案を受けて像の設置を検討したが、同じく姉妹都市の松山市などの反対を受け、設置は見送られた。

 ツェルナー氏は16年当時、日韓間の論争が像設立を通じて国際社会に「輸出」されていると指摘し、他の地域で代理戦争をしても意味がないとの見解を示していた。それだけに今回、先述の言葉に続いてこんな指摘をしたことに私は驚いた…

この記事は有料記事です。

残り4649文字(全文5924文字)

念佛明奈

ベルリン特派員

1980年生まれ。2004年、毎日新聞入社。盛岡支局を皮切りに、政治部や大阪社会部で主に政治・行政取材を担当。19年春からベルリン特派員。