記者コラム 続クトゥーゾフの窓から フォロー

名ダンサーはシューズを脱ぐのか 「最後の大舞台」と語った真意は(上)

大前仁・外信部副部長
50歳の記念公演を終えて、観客の拍手に応える岩田守弘さん(手前)=ロシア中部のニジニノブゴロドで2021年4月8日、前谷宏撮影
50歳の記念公演を終えて、観客の拍手に応える岩田守弘さん(手前)=ロシア中部のニジニノブゴロドで2021年4月8日、前谷宏撮影

 30年近くロシアの舞台に立ち続けた日本のバレエダンサーが4月の公演で「これが最後の大舞台になる」と公言した。世界最高峰といわれるボリショイ・バレエ団で名脇役として知られた岩田守弘さん(50)。これまではバレエの魅力を「踊りは麻薬」と表現し、現役に固執してきたが、寄る年波には勝てず、このまま舞台から降りていくのだろうか。

 4月8日、ロシア中部にあるニジニノブゴロド国立歌劇場では、バレエ団の芸術監督を務める岩田さんの50歳を記念する公演が催された。私は今回の公演を取材できなかったが、当日の映像を見ると舞台と客席の一体感が伝わってきた。岩田さんは二つの作品を力の限りに踊ったほか、古巣ボリショイなどからスターダンサーが軒並み参加し、客席を沸かせた。

 「今回が最後の舞台になるのかもしれない」。岩田さんは公演前から、このような思いを日本のメディアに明かしていた。その決意は公演後も変わらなかったようだ。「体が思うように動かないし、レベルを落として踊るのはプロとしてプライドが許さない。もう大きな舞台に立つことはないだろう」。そう報道陣にサバサバした様子で話したという。「今できることは全力でやった。思い残すことはない」と完全燃焼を明言したそうだ。額面通りに受け取れば、50歳の記念公演で燃え尽きたことになる。

 2020年春まで2度、モスクワ特派員を務めた私は、10年以上にわたり岩田さんの取材を続け、彼の半生をまとめた本も出している。岩田さんと付き合いが長かった分、私は今回の「引退発言」に一方では納得しながらも、本当に一線から退いてしまうのか疑ってしまう部分があった。

 まずは、岩田さんの発言や置かれている状況を理解してもらうため、手短に半生を紹介しよう。

圧倒的な「踊る力」

 岩田さんは横浜市に生まれた。高校卒業後の1990年、ソ連時代のモスクワにバレエ留学し、翌年にモスクワにあるバレエ団に入団した。95年にあこがれだったボリショイに入ると、外国人として初めてのソリスト、さらにバレエ団で上から3番目のポジションに当たる第1ソリストへと、ポジションをあげていった。

 公称166センチという背丈は大柄なダンサーが集まるロシア・バレエ界では特に低かったが、踊る力はピカイチだった。ボリショイ入団前の93年には、バレエ界の五輪といわれる「モスクワ国際バレエコンクール」で金賞を受賞。その後も飛び抜けた跳躍力や素早い回転、卓越した技術を武器に、世界最高峰の舞台でその名をとどろかせた。

 背の低さなどがネックになり、最高位のプリンシパルにはなれなかったが、多くの団員から尊敬される存在になっていた。その人柄が慕われ、ロシア人ダンサーからも「モリさん」と日本語の愛称で呼ばれていた。「踊るだけならば誰にも負けないと思っている」。ボリショイ時代の末期、岩田さんが私にそう打ち明けてきたこともあった。

 格闘技系の用語を使うと、「ガチンコ勝負なら負けない」という自負を持ち続けた踊り手だった。「岩田さんのどんなところを尊敬しているのか?」。ある時、私がボリショイの若手ダンサーに尋ねると、こんな称賛が返ってきた。「全てです。技術、役に対する理解力、演技力とずぬけている。みんながモリさんを尊敬しているのです」

 12年にボリショイを退団した岩田さんは、ロシア国内の二つのバレエ団を渡り歩き、いずれのバレエ団でもトップの芸術監督を歴任した。その一方で、自分が所属するバレエ団の特別な公演や日本に招かれた公演では舞台に上がり続けた。特に15年から出演しているバレエと日本舞踊のコラボレーション作品「信長」では、主人公の戦国武将・織田信長に仕える豊臣秀吉の役を踊り、新たな当たり役としてきた。

 このように舞台に立ち続けてきた岩田さんだが、新型コロナウイルスの感染拡大のあおりを受けて、20年3月を最後に、舞台から遠ざかった。今回は1年ぶりの出演となった。ロシアの舞台に上がってから30年弱にわたるキャリアの中で、これほど長い期間、舞台に上がらなかったのは初めてだった。昨年10月に50歳を迎えた岩田さんにしてみれば、このブランクはかなり響いたのかもしれない。

姉はどう見たのか

 公演後に「体が思うように動かない」と話した岩田さんだが、映像を見る限りではコンディションは良さそうだった。胸の筋肉は落ちていたが、おなかの周りはスッキリとしている。本人に尋ねると、体重を5キロほど減らしたそうだ。同年代のダンサーに比べれば、まだまだ十分に踊れるのは間違いない。それでも本人は、全盛期と比べて動けなくなっている自分を受け入れられないのだろう。

 このあたりのところを本人がどう考えているのかを聞く前に、私は岩田さんをよく知る姉の唯起子(ゆきこ)さんに尋ねた。1歳年上の姉も9…

この記事は有料記事です。

残り2553文字(全文4523文字)

外信部副部長

1969年生まれ。2008~13年、18~20年にモスクワ支局勤務。現在は旧ソ連諸国や米国の情勢、日露関係を担当。