ベストコメント

<編集部の秀逸>「小川 太郎」さん

  • 文字
  • 印刷
マンションが林立するソウル市内の風景=4月13日、坂口裕彦撮影
マンションが林立するソウル市内の風景=4月13日、坂口裕彦撮影

投稿元の記事

ソウル・釜山市長選惨敗 文政権離れの「速度」は

「小川 太郎」さんのコメント

 記事の本旨から外れるけれど、「後期高齢者」という言葉で世間の反発があった当時のことを思い返した。

 今ではすっかり普及した言葉が当時は世間の反発を招き、政権沈没のきっかけとなってしまったということが感慨深い。

 それ以前に支持離れを招く素地が既に出来上がっていたにしても、今振り返ってみたらそんな言葉一つに大騒ぎする必要はなかったかも知れない。

 後世から見て、審判を受けるべきは政権/政治家だけではない。

 彼らを支持した/支持しなかった当時の有権者も、同様に後世に対して責任を負う。

 キャッチーな言動や事件に対して瞬間風速的に振れる世論ではなく、後の世代に対して何が残せるか、を考えながら、有権者として政治に向き合いたいものだと思った。