選択的夫婦別姓 「今のまま」を考え直す機会に

浜田靖一・元防衛相
  • 文字
  • 印刷
浜田靖一氏=前田梨里子撮影
浜田靖一氏=前田梨里子撮影

 「選択的夫婦別姓早期実現議連」の会長として選択的夫婦別姓の実現を目指している。

 夫婦別姓を認めない民法と戸籍法の規定について、最高裁が従来の立場を変えず、憲法に違反しないと判断したことは残念だった。一方で、この問題は政治的に国会で解決すべきだという考え方がある。我々国会議員は今回の判決を真摯(しんし)に受けとめなければならない。

制度を変えることで話し合いが生まれる

 我々が一番、大切だと考えているのは、ごく簡単に「選択的」という言葉だ。なにも強制しているわけではなく、自由に選べるようにすることに重きをおいている。そして国民からは強い要求がある。であれば現実として対応していくのは私たちの仕事ではないか。選択肢を増やすことが、何かを壊すことになるとはどうしても思えない。

 現在、夫婦の96%が夫の姓を選んでいる。「それが普通だ」という流れに、我々がどっぷり浸ってしまっていることも確かだ。だから、そこから踏み出して新たな制度を作ろうとすると、違和感があったり、反対があったりする。

 しかし、選択的夫婦別姓という新しい制度を作ることによって夫婦の話し合いも起きるかもしれない。同姓であっても妻の側の姓を選ぶことが増えてくるかもしれない。やってみる価値はある。

「今のまま」がいつもいいとは限らない

 反対派の人たちは「伝統的な家族の形が壊れる」という。しかし本当にそうなんですか、と言いたい。同姓であっても「家族の一体感」が得られていない場合はいくらでもある。逆に言えば姓が異なっても家族になろうとする人もいる。…

この記事は有料記事です。

残り926文字(全文1581文字)

浜田靖一

元防衛相

1955年生まれ。自民党国対委員長や衆院平和安全法制特別委員長、予算委員長などを歴任。衆院千葉12区、当選9回。自民党。