石橋湛山の嘆息--自民党総裁選に想う--

田中秀征・元経済企画庁長官
  • 文字
  • 印刷
田中秀征氏=宮武祐希撮影
田中秀征氏=宮武祐希撮影

 自民党の総裁選挙がたけなわの中で、石橋湛山元首相のことがしきりに思い浮かぶ。

 石橋湛山は自民党第2代の総裁で、昭和31(1956)年12月に首相に就任したが、突然病に倒れ、わずか2カ月で退陣のやむなきに至った。

 私学出(早稲田)として初めて、言論人としても初めての首相。当時の三木武夫幹事長が「神武以来の人気」と言うほど国民的な歓迎を受けて登場した。

 彼は55年体制と言われる保守・革新の全面対決の時代に、革新陣営からも温かく迎えられたのである。

 言論人としての著作はもちろん歴代首相で随一。湛山の思想・業績に関する評伝も他の政治家を圧倒し、今年も保阪正康氏の「石橋湛山の65日」が出版されている。加えて、このところ「学界」ができるほど湛山研究者が増えてきている。

 私に対して直接、「湛山先生を最も尊敬している」と明言した著名な政治家が少なくとも4人いる。

 石橋内閣の石田博英官房長官、宮沢喜一元首相、三木内閣の井出一太郎官房長官、そして熱烈な石橋ファンであった宇都宮徳馬元衆院議員。いずれも戦前からの揺るぎない自由主義者であった。

 訪中に際し、わざわざ病床の湛山にあいさつに出向いた田中角栄元首相も湛山崇敬者の一人。李香蘭こと山口淑子元参院議員も私に「湛山先生のような方がまた日本の政界に出てきてほしい」と語ったことがある。

 さて、政治家としての湛山の格の違いは、その言動が一貫した国家観と歴史観に裏付けられていたところにある。その思想は付け焼き刃ではなく、体を張って戦前の政治や軍部と闘う中で鍛えられたものだ。

 湛山思想の核心は、自由権の尊重だろう。

 湛山は、学問、表現、言論の自由を確保することは何よりも将来のために必要だと説く。自由な精神世界を保障すれば、そこからいまだ発見できていない豊かな将来構想が生まれてくると言うのである。

 学術会議会員の任命拒否などは、逆に将来への構想力を大きく制約する恐れがある。湛山今もしありせば、決して了承しないだろう。

この記事は有料記事です。

残り883文字(全文1714文字)

田中秀征

元経済企画庁長官

1940年長野県生まれ。東京大学文学部西洋史学科、北海道大学法学部卒業。83年衆議院議員初当選。93年6月に新党さきがけを結成し代表代行に就任。細川護熙政権の首相特別補佐。第1次橋本龍太郎内閣で経済企画庁長官などを歴任。福山大学教授を30年務め、現在、福山大学客員教授、さきがけ新塾塾長。主な著書に「日本リベラルと石橋湛山――いま政治が必要としていること」(講談社)、「判断力と決断力――リーダーの資質を問う」(ダイヤモンド社)、「自民党本流と保守本流」(講談社)、「平成史への証言」(朝日新聞社)。