ウィシュマさんの死と「人を人として認めない」日本政府

山添拓・参院議員
  • 文字
  • 印刷
山添拓参院議員=須藤孝撮影
山添拓参院議員=須藤孝撮影

1次資料は示されず

 名古屋出入国在留管理局で亡くなったスリランカ出身のウィシュマ・サンダマリさんの事件について入管庁が最終報告書を公表した。

 ウィシュマさんの死亡にいたる事実経過やそれを裏付ける資料の全体を明らかにしたものではなく、入管の視点に基づいた一面的な整理と評価のうえに結論が出されている。

 施設内でのウィシュマさんの言動についての記載は、1次資料を示さず職員が作成した記録を入管庁が取捨選択し整理したものだ。原本でどのように記載していたかは明らかになっていない。

 たとえば外部の病院のカルテが開示されているのに、入管施設内でのカルテは開示されないなど、資料の提示の仕方は恣意(しい)的だ。

この記事は有料記事です。

残り2419文字(全文2718文字)

山添拓

参院議員

 1984年生まれ。山添拓法律事務所代表。法律事務所勤務などを経て2016年参院選で初当選。共産党参院国対副委員長などを歴任。参院東京選挙区、当選1回。