読まれた記事 フォロー

続けられない立憲と共産の選挙協力…… 読まれた記事トップ3

岸田文雄首相=首相官邸で2022年6月10日、竹内幹撮影
岸田文雄首相=首相官邸で2022年6月10日、竹内幹撮影

 6月22日の参院選公示を前に岸田政権のあり方や選挙を巡る記事が読まれました。

 ◇ ◇

 【1】<いつまでも続けられない立憲と共産の選挙協力> 小川敏夫 参院副議長

 昨年の衆院選で大問題になった立憲民主党と共産党の選挙協力のあり方を巡って、立憲民主出身の参院副議長、小川敏夫氏のの厳しい提言です。小川氏は協力は効果があったとしながらも、長期的な観点から「全体として非常に無理がある」と言います。

 【2】<哲学のない岸田首相 「聞く力」とは言えない> 中島岳志 東京工業大教授

 内閣支持率が堅調な岸田文雄首相ですが、政治学者の中島岳志氏は「自分がトップリーダーなのにさまざまな人の顔色をうかがい、一貫性がない」と厳しく批判します。

 【3】<防衛費「2%」 岸田首相はハト派の意思表示を> 山口二郎 法政大教授

 防衛費増は参院選でも争点になりそうです。山口二郎氏は、生活に困窮している国民が多数いるなかで、ウクライナ情勢を口実に急増させる、ましてや2%以上などと目標を掲げることには大いに異論があると言います。(編集部)

 <政治プレミアトップページはこちら