官邸の食事会を外交にフル活用した安倍元首相

西川恵・毎日新聞客員編集委員
  • 文字
  • 印刷
夕食会で乾杯するエストニアのユリ・ラタス首相(左)と安倍晋三首相(右)=首相公邸で2020年2月10日、玉城達郎撮影
夕食会で乾杯するエストニアのユリ・ラタス首相(左)と安倍晋三首相(右)=首相公邸で2020年2月10日、玉城達郎撮影

 あまり語られていない安倍晋三元首相の功績の一つに、首相官邸の供宴スタイルの確立がある。フランス料理にフランスワインという長年の定番を、和食、日本ワイン、日本酒の3点セットに変え、さまざまに工夫を凝らした。

 外国首脳に日本の食文化の素晴らしさを知ってもらい、農産物輸出を後押しし、食を話題に首脳同士の関係を深める……。食事会を外交に最大限に活用した首相だった。

官邸の食事会で幾つかの指示

 まず指摘しなければならないのは、第2次安倍政権(2012年12月~20年9月)の7年8カ月、外国首脳を食事でもてなした回数の多さだ。夕食会と昼食会はざっと数えて209回で、月平均2.2回。その前の野田佳彦政権(11年9月~12年12月)の月平均1.6回、菅直人政権(10年6月~11年9月)の1.3回と比べても多い。

 長期政権になるに伴い訪日する外国の首脳が増えたこともある。また新型コロナウイルス問題で最後の約半年、外国首脳の来日がなかったことを勘案すると、月平均の回数はもっと高くなる。

 第2次政権がスタートすると、安倍氏は「来日された外国首脳にはなるべくお食事を差し上げよう」と側近に指示した。「外国首脳を大切にすることが、国際場裏における日本の立場と発言力を高める」との考えからだ。それまで非公式訪問だったり、あまり重要でない賓客の場合は、外相などが代わりに食事会を持ったりしたが、すべて自分がもてなすと決めた。

 また首相官邸では長らくフランス料理にフランスワイン、乾杯用に日本酒、が定番だったが、安倍氏は「世界のトップに日本の農産物や食品の素晴らしさを知ってもらう機会になる」と、料理は和食、飲み物は日本のワインとお酒、とするよう指示した。

 和食はすでに世界的なブームで、事前の日本側の打診にほとんどの外国首脳が和食を希望した。翌13年には和食がユネスコの無形文化遺産に登録され、首相官邸での和食は大きなPR効果を発揮することになった。

どんぶりものも提供

 どのような内容なのか、例として安倍首相最後の夕食会となった20年2月10日の、エストニアのユリ・ラタス首相の歓迎宴を挙げよう。

 先付け 九条ネギとシントリ菜の煮浸し、アサツキとホッキ貝酢みそあえ、ごま豆腐

 おつくり マグロ タイ ブリ イカ ボタンエビ

 焼き物 和牛ヒレ肉網焼き ブロッコリー ゴボウ 厚揚げ パプリカ 和風たれ

 食事 エビかき揚げ天丼 留めわん 香の物

 果物 果物盛り合わせ

 アイ・バインズ 甲州 2017

 ドメーヌ ルバイヤート 2010

 清酒 夢心 純米大吟醸(福島県)

 肉料理は和牛の網焼きだけで、他は魚介類だ。魚介中心は官邸の食事の特徴である。「食事」の「エビかき揚げ天丼」も面白い。量は少なめで、洗練されたスタイルで出されているのだろうが、前月の1月に来日したポーランドのマテウシュ・モラウィエツキ首相の夕食会でも「野菜かき揚げ天丼」が出されている。どんぶりものが日本の食文化でもあることを示す狙いがあるようだ。

 白ワインの「アイ・バインズ 甲州」は、農業生産法人アイ・バインズが栽培した日本固有種の甲州種のブドウを使って、シャトー酒折ワイナリー(甲府市)が醸造した。赤の「ドメーヌ ルバイヤート」は丸藤葡萄酒工業(甲州市)のフラッグシップワイン。メルローなど3種類のブドウから造られ、和牛ヒレ肉との相性を考えた選択だ。

 首相官邸の事務所にはワインのプロを置いており、全国の産地のものがまんべんなく出されている。日本酒は東日本大震災の被災4県のものを中心に、それ以外の産地を時折出した。

果物と説明カード

 メニューの最後のデザートをお菓子でなく、「果物盛り合わせ」にしたのも安倍政権からだ。農協の協力を得て、旬の果物をテーブルに載せる。日本の果物の素晴らしさを味わってもらうためだ。

 単に出すだけではなく、PR効果を高めるために、各出席者の手元にメニューとは別に見開きのカードを置く。カードにはその日に出る果物を写真付きで載せ、和英両文で果物と産地が説明されている。裏には、輸入をする場合の問い合わせ先として日本貿易振興機構の連絡先が記してある。

 このアイデアを出したのは長谷川栄一首相補佐官(当時)。「外国首脳が『これはおいしい』というと影響は大きく、果物はそうしたインパクトがあります」と私に語っている。

 安倍氏も食事中、「日本が世界トップレベルの長寿国である秘訣(ひけつ)は、食事と医療レベルの高さです。日本の食事は海産物や野菜を食材に使い、栄養バランスが良い上に低カロリーです」と、和食をよく話題にしたという。中には「見た目も素晴らしい。子どもに見せます」とスマホで料理を撮った外国の女性首脳もいた。

清掃や介護の現場で働くフィリピン人も招待

 東京の大企業のトップに偏りがちになる招待者リストにも検討が加えられた。

 「最後は安倍首相の判断ですが、なるべく地方の人を招くようにしました。地方の中小企業の社長さんや、外国首脳の国と姉妹関係がある自治体の首長さんなど、地方には力のある人が多く、食事会の機会に外国の人たちと接してほしい」

 ドゥテルテ比大統領(当時)が来日した時の夕食会(16年10月)では、フィリピンと関係の深い企業関係者、文化人、NGO関係者に交じって、清掃作業や介護施設など日本の現場で働くフィリピン人3人も招かれた。

 サウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマン副皇太子の時の夕食会(16年9月)では、東京・銀座のすし店主、東京・赤坂の天ぷら店主、三重県のホテルの総料理長(フランス料理)の3人の女性料理人が招かれた。副皇太子は和食が好物で、女性の社会進出にも前向きだったことが招待の理由だ。事前に了解をとってのことだろうが、サウジの王族が主賓の食事会に、女性が同席することに私は驚いた。

この記事は有料記事です。

残り1148文字(全文3542文字)

西川恵

毎日新聞客員編集委員

 1947年生まれ。テヘラン、パリ、ローマの各支局長、外信部長、専門編集委員を経て、2014年から客員編集委員。09年、フランス国家功労勲章シュヴァリエ受章。日本交通文化協会常任理事。著書に『皇室はなぜ世界で尊敬されるのか』(新潮新書)、『エリゼ宮の食卓』(新潮社、サントリー学芸賞)、『ワインと外交』(新潮新書)、『饗宴外交 ワインと料理で世界はまわる』(世界文化社)、『知られざる皇室外交』(角川書店)、『国際政治のゼロ年代』(毎日新聞社)、訳書に『超大国アメリカの文化力』(岩波書店、共訳)などがある。