3分でわかる政治の基礎知識

首相が広島出身なのに… 日本が核禁条約に参加しない理由

  • 文字
  • 印刷
広島市の松井一実市長(左)から「ヒロシマ・アピールズ」ポスターを受け取る岸田文雄首相=首相官邸で2022年7月27日、竹内幹撮影
広島市の松井一実市長(左)から「ヒロシマ・アピールズ」ポスターを受け取る岸田文雄首相=首相官邸で2022年7月27日、竹内幹撮影

 岸田文雄首相は広島県選出で、たびたび、核廃絶への熱意を語っています。米ニューヨークで8月1日から始まる核拡散防止条約(NPT)再検討会議にも出席します。日本の首相が出席するのは初めてです。

結局は「核の傘」が大事

 一方で、日本は核兵器禁止条約には参加しないとしています。唯一の戦争被爆国で、核廃絶を目指しているのに、なぜ核禁条約に参加できないのかという疑問は誰もが持ちます。背景にはNPT体制を前提とした米国との関係があります。

 NPTの前文には「核戦争が全人類に惨害をもたらすものであり、したがって、このような戦争の危険を回避するために、あらゆる努力を払い……」とあります。

 NPTは核兵器国(米露英仏中の5カ国)に限ってではありますが、核兵器を持つ権利を認めたものです。条約名の「核拡散防止」は、この5カ国以外は核を持ってはならないという意味でもあります。

 日本にとっては同盟国である米国の核保有を認めた条約であり、日本に対する「核の傘」(抑止力)と矛盾しません。これが日本政府がNPTには積極的な一方で、核禁条約には参加しない理由です。

ロシアの核の威嚇

 核不拡散は重要ですが、既に核兵器を持っている5カ国が自由ということではありません。

この記事は有料記事です。

残り734文字(全文1255文字)