記者コラム アフリカン・ライフ フォロー

顧みられない熱帯病 感染リスクは至る所に

平野光芳・ヨハネスブルク支局
ビクトリア湖の湖畔。水に長く触れると寄生虫に感染する恐れがある=ケニア西部ホマベイで2022年10月3日、平野光芳撮影
ビクトリア湖の湖畔。水に長く触れると寄生虫に感染する恐れがある=ケニア西部ホマベイで2022年10月3日、平野光芳撮影

 貧困層の足をむしばむスナノミ症の取材のため、10月上旬、ケニア西部ホマベイ郡を訪れた。ただ地元で流行する熱帯病は、これだけにとどまらない。

 ホマベイで泊まった宿舎は、アフリカ最大の湖、ビクトリア湖が目の前にあった。部屋にいても湖から吹いてくる風や、穏やかな波の音が心地よい。ただ安易に湖岸に行って水とたわむれてはいけない。「住血吸虫」と呼ばれる寄生虫が生息していて、湖水に触れると皮膚から侵入して感染するリスクがあるためだ。

湖水に接触で感染の恐れ

 住血吸虫症は世界保健機関(WHO)が定めるおよそ20群の「顧みられない熱帯病」(NTDs)の一つで、世界中の7億人以上が流行地域で暮らしている。

 住血吸虫は幼虫が巻き貝の中で成長し、淡水中に出てヒトに感染する。ヒトの体内で増殖した後、卵が便尿を通じて外部に排出され、再び巻き貝に感染――というサイクルで拡大していく。

 死に直結する病気ではないものの、発熱や下痢、腹痛などの症状があり、悪化すれば肝臓疾患にもつながる。一方で何年も無症状のまま体内で共生するケースもあり、ケニア西部では多くの人が慢性的にかかっているとみられている。

 長崎大と共に現地で住血吸虫の調査をしているケニア中央医学研究所のエバンス・チャデカ研究員は「人々に行動の変容を促すことも重要だ」と指摘する。住血吸虫自体をすぐに根絶することは困難だ。ただ水道など安全な水へのアクセスを確保した上で、湖の水際に滞在する機会を減らしていけば、感染リスクを下げることはできる。予防策は貧困解決と密接に関わっている。

マラリア、狂犬病、腸チフス…

 ビクトリア湖周辺はケニアでも有数のマラリアの流行地域だ。流行地域の住民には「マラリアは風邪みたいなもので大したことはない」と話す人も多いが、うのみにしてはいけない。…

この記事は有料記事です。

残り1358文字(全文2115文字)

ヨハネスブルク支局

サハラ砂漠以南のアフリカ約50カ国の取材を担当。2001年に入社し滋賀、福井、大阪、インドネシア・ジャカルタなどで勤務。福井では原発問題を、大阪では国民健康保険証を持たない「無保険の子」を取材した。