プレゼント

【書籍プレゼント】井端弘和 著「内野守備の新常識」

廣済堂出版刊、井端弘和 著「内野守備の新常識 4ポジションの鉄則・逆説&バッテリー・外野・攻撃との関係」を6名様にプレゼントします。

こちらに応募するには毎日IDでのログインが必要です。

井端弘和
内野守備の新常識
4ポジションの鉄則・逆説&バッテリー・外野・攻撃との関係

著者:井端弘和(いばた・ひろかず/元中日・巨人選手、現野球解説者)
定価:本体1600円+税(税込1728円)
体裁:四六判・272ページ
発行:廣済堂出版

元プロ野球選手たちが技術などを伝授する「マスターズメソッド」シリーズの最新刊。
井端弘和氏は現役時代、中日、巨人で活躍。とくに守備のスペシャリストとして知られ、ゴールデングラブ賞7度受賞のショートのほか、内野全4ポジションをこなした名手です。引退後も、巨人、日本代表「侍ジャパン」の内野守備コーチを歴任。野球解説者としても、斬新な視点からの評論が注目を集めています。
本書は、そんな井端氏による「目からウロコ」の守備理論。井端氏が初めて内野守備の極意と、「前に出るな!」「逆シングルにも正面あり!」「ファーストこそ難しい!!」などの新常識を明かしています。二遊間から、サード、ファーストまで個別解説。バッテリー・外野との連係や、守備の攻撃面への効用、新旧内野プロ野球選手の分析も紹介。選手たちの写真や図解などをふんだんに織り込み、ビジュアル面でも理解しやすく楽しめる体裁となっています。実用や観戦に役立つ「井端流」メソッドが満載。今までの野球の見方が変わります。
また、阪神・鳥谷敬選手と井端氏の豪華対談も収録。ゴールデングラブ賞を競い合った守備の達人同士が「内野守備の極意」などを語り合っています。グラブ談義や、WBC秘話、2人で選ぶ「守備の内野オールスター」も必読です。
井端氏のサインボールが抽選で当たるプレゼントも実施。ファンにとってうれしい永久保存版です。

<目次より>
第1章 「井端流」内野守備の新常識~本当に知っておきたい守りの鉄則~
第2章 内野4ポジションの特性~二遊間に、サード、ファーストの個別解説~
井端×鳥谷対談 前編 プロフェッショナル内野守備論&WBCの真相
第3章 内野手が身につけるべき基礎的技術~脱・旧常識から始めよう~
第4章 内野のプレーを高める応用テクニック~実戦の中で使える技~
第5章 超ハイレべルの内野守備戦略と裏技~門外不出のプロの奥義~
井端×鳥谷対談 中編 ショートと他ポジション比較&グラブ談義
第6章 内野手列伝PART1 かつてともに学び、競い合った名手の技
第7章 内野手列伝PART2 現役トッププレーヤーに学ぶポイント
第8章 指導者へ伝授! 内野守備の教え方~選手の力を伸ばすために~
第9章 世界で通用するための内野守備~日本球界の発展へ向けて~
井端×鳥谷対談 後編 達人2人で選定!守備の内野オールスター

<著者略歴>井端弘和…1975年5月12日生まれ、神奈川県川崎市出身。堀越高校-亜細亜大学-中日(1998~2013年)-巨人(14~15年)。97年オフのドラフトで中日5位指名で入団。二遊間を組む荒木雅博選手とのコンビは「アライバ」と呼ばれ、鉄壁の守備がファンを魅了。13年WBCでは、チャイニーズタイペイ(台湾)戦で起死回生のタイムリーを放つなど勝負強さを発揮し、国民的ヒーローに。13年オフに巨人へ移籍。15年、現役を引退。通算成績は、1896試合出場、打率.281、ベストナイン5回(02、04~07年。すべてショート)、ゴールデングラブ賞7回(04~09、12年。同)。引退後の16~18年は、巨人の内野守備・走塁コーチ。17年の「アジア プロ野球チャンピオンシップ」から、日本代表「侍ジャパン」の内野守備・走塁コーチ。(19年からは、強化本部編成戦略担当も兼務)、現在、解説者としても活躍。

◎廣済堂出版の紹介ページはこちら。

★プレゼント

トクトクプレミアでは、廣済堂出版刊、井端弘和 著「内野守備の新常識 4ポジションの鉄則・逆説&バッテリー・外野・攻撃との関係」を6名様にプレゼントします。ふるってご応募ください。

【応募締切】2019年9月16日(月・祝)

※本の発送をもって発表に代えさせていただきます。当選結果に関するお問い合わせにはお答えしかねますので、あらかじめご了承ください。
※当選の対象者は日本国内にお住まいの方のみとさせていただきます。賞品の海外発送はできません。
※会員登録時のご住所は正しく入力してください。登録された住所に不備がある場合、賞品をお届けできません。

こちらに応募するには毎日IDでのログインが必要です。