メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第95回全国高校ラグビー

東海大仰星4回目V 桐蔭降す

 第95回全国高校ラグビーフットボール大会(毎日新聞社、日本ラグビー協会、全国高校体育連盟、大阪府、大阪府教委主催、神戸製鋼グループ、毎日放送特別協賛)は最終日の11日、東大阪市花園ラグビー場で決勝があり、東海大仰星(大阪第1)が37―31で桐蔭学園(神奈川)を破り、2大会ぶり4回目の制覇を果たした。

 優勝4回は保善(東京)、伏見工(京都)と並ぶ歴代9位タイ。東福岡と両校優勝だった第90回(2010年度)以来2回目の頂点を目指した桐蔭学園は、一昨年度の決勝に続いて東海大仰星に敗れ、4回目の準優勝となった。

【トーナメント表を見る】

1月11日決勝

東海大仰星(大阪第1) 37―31 桐蔭学園(神奈川)
    代表高校一覧
    県名学校名出場回数
    北北海道遠軽2年ぶり10回目
    南北海道函館ラサール初出場
    青森青森北5年連続17回目
    岩手黒沢尻工4年ぶり27回目
    宮城仙台育英20年連続22回目
    秋田秋田中央2年連続10回目
    山形山形南初出場
    福島郡山北工初出場
    茨城茗渓学園4年連続21回目
    栃木国学院栃木16年連続21回目
    群馬明和県央3年連続6回目
    埼玉深谷2年連続8回目
    千葉流通経大柏21年連続23回目
    東京第1国学院久我山2年連続40回目
    東京第2東京朝鮮初出場
    神奈川桐蔭学園2年ぶり14回目
    神奈川東海大相模25年ぶり8回目
    新潟新潟工12年連続40回目
    富山魚津工35年ぶり2回目
    石川日本航空石川11年連続11回目
    福井若狭2年ぶり10回目
    山梨日川10年連続45回目
    長野岡谷工4年連続28回目
    静岡静岡聖光学院2年連続4回目
    愛知春日丘3年連続5回目
    岐阜関商工5年連続36回目
    三重朝明4年連続6回目
    滋賀光泉5年連続7回目
    京都伏見工3年ぶり20回目
    京都京都成章2年連続8回目
    大阪第1東海大仰星3年連続16回目
    大阪第2大阪桐蔭4年連続10回目
    大阪第3常翔学園3年ぶり34回目
    兵庫関西学院4年ぶり6回目
    奈良天理2年ぶり62回目
    和歌山和歌山工3年ぶり21回目
    鳥取倉吉北3年連続3回目
    島根石見智翠館25年連続25回目
    岡山津山工2年連続24回目
    広島尾道9年連続10回目
    広島広島工9年ぶり32回目
    山口萩商工2年連続21回目
    香川高松北2年連続10回目
    徳島つるぎ3年ぶり24回目
    愛媛北条2年連続5回目
    高知土佐塾4年連続15回目
    福岡東福岡16年連続26回目
    福岡筑紫24年ぶり5回目
    佐賀佐賀工34年連続44回目
    長崎長崎北陽台2年連続15回目
    大分大分舞鶴30年連続54回目
    熊本荒尾・岱志2年連続8回目
    宮崎高鍋5年連続23回目
    鹿児島鹿児島実2年連続16回目
    沖縄コザ2年連続14回目
    記念大会のため出場枠は4増。関東、近畿、中国、九州の4ブロックから、地方予選決勝で敗れたチームから1校を、各ブロックの高体連ラグビー専門部が選考し本大会出場校を決める。出場校は、東海大相模(神奈川)、京都成章(京都)、広島工(広島)、筑紫(福岡)
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  2. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  3. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  4. クローズアップ2017 特養、受け入れ敬遠 国の制限「意味ない」
  5. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです