メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第96回全国高校ラグビー

東福岡が6回目の優勝 「高校3冠」

 第96回全国高校ラグビーフットボール大会(毎日新聞社、日本ラグビー協会、全国高校体育連盟、大阪府、大阪府教育委員会主催、神戸製鋼グループ、毎日放送特別協賛)は最終日の7日、東大阪市花園ラグビー場で決勝があり、東福岡が前回優勝の東海大仰星(大阪第1)を28-21で破り、2大会ぶり6回目の制覇を果たした。優勝6回は天理(奈良)に並ぶ歴代4位タイ。全国選抜大会、全国7人制大会も制しており、2季ぶりの「高校3冠」、秋田工、天理、常翔学園(大阪)、国学院久我山(東京)、大分舞鶴に次いで6校目の大会通算70勝も飾った。 【組み合わせトーナメント表】

1月7日決勝 結果

東福岡(福岡) 28―21 東海大仰星(大阪第一)
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  2. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  3. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  4. 「4回転半は試合で飛ばないと意味ない」羽生結弦の一問一答(下)
  5. 「今、一番したいのは練習」羽生結弦の一問一答(上)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです