メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

坂村健の目

東洋大INIAD学部長・坂村健さんが科学の視点でつづるコラムです。

  • 正しさの確率

     新型コロナウイルスのPCR検査について「検査数が異様に少なすぎる」とか、はては「感染者数が増えないように、政府がわざと検査させないのだ」といった陰謀論を信じる…

  • 正しく恐れる、ということ

     明治中期から昭和初期の物理学者で随筆家としても有名な寺田寅彦は「ものをこわがらな過ぎたり、こわがり過ぎたりするのはやさしいが、正当にこわがることはなかなかむつ…

  • 災害医療のDX

     私はコンピューター技術で障碍(しょうがい)のある方をサポートする可能性を探るという「TRONイネーブルウェア」というプロジェクトを30年来続けており、年末にそ…

  • 自動ハンコ押しロボット

     最近、考えさせられたのが「自動ハンコ押しロボット開発」のニュース。未決箱の書類を契約書・請求書といったカテゴリー別に分類。画像認識して押印すべき位置が変わって…

  • 中間層の圧縮

     業界最大手の広告代理店が赤字化したというニュースが最近ネットで話題になった。赤字化のニュース自体は8月に経済紙などで流れていたので、実は目新しい話ではなかった…

  • 雲の中

     政治経済や行政――社会の仕組みの基本知識を有していることは民主主義国家の国民としての責務。裁判の必要性、株式とは何か――そういったことを知らずに、選挙において…

  • 災害対策としてのデータ公開

     今回の台風では、公共交通と電力についての再開見通しの甘さが混乱に拍車をかけたという指摘が多い。 しかし交通と電力等インフラ系企業は日本の中でも特に保守的――突…

  • 「はやぶさ2」に職人技結集

     先週「はやぶさ2、第2回着陸成功」のニュースがあった。記者会見で、津田雄一プロジェクトマネジャーが満面の笑みで「100点満点中1000点の成功です」と語ってい…

  • 世界に追いつくICT教育を

     先日、エストニアの方とパネルディスカッションを行う機会があった。今話題のエストニアの電子政府について「教えを請う」イベントだ。「電子立国日本の自叙伝」などとい…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3Dプリンターで防護具 大阪大チーム作製 新型コロナ対策

  2. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

  3. 未解明だった数学の超難問「ABC予想」を証明 京大の望月教授 斬新・難解で査読に8年

  4. 新型コロナ 福岡市で1人死亡、新たに15人感染 市長「感染拡大警戒地域に移った」

  5. 政府、収入減世帯に30万円給付へ 7日にも閣議決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです