本大会出場チームの補強選手一覧

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

■トヨタ自動車

 前年優勝による推薦出場のため制度の適用なし

■JR北海道ク

 投手=下川原駿、佐藤峻一▽内野手=小屋畑尚哉(以上、室蘭シャークス)

小屋畑尚哉選手 拡大
小屋畑尚哉選手

 佐藤投手は今季から加入した右腕で、2次予選のJRクとの試合で延長十三回を投げ抜いた。多彩な変化球で的を絞らせない投球が持ち味で、先発投手としても期待される。2年目の下川原投手も右投げの本格派で、初の補強選出となる。8年目の小屋畑選手は昨年に続いて2年連続の選出で、昨年の本大会はレギュラーとして活躍。今年の2次予選でも2打席連続本塁打を放っている強打者だ。

■日本製紙石巻

 投手=田辺樹大(七十七銀行)西村祐太▽内野手=西川元気(以上、JR東日本東北)

■きらやか銀行

 投手=内山拓哉▽捕手=薗部優也(以上、JR東日本東北)▽内野手=近藤恭平(TDK)

活躍を誓う(左から)内山拓哉投手、近藤恭平内野手、園部優也捕手=中山町で 拡大
活躍を誓う(左から)内山拓哉投手、近藤恭平内野手、園部優也捕手=中山町で

近藤内野手は、6月に秋田市であった都市対抗野球2次予選東北大会で、打率4割4分4厘の好成績を残した。補強選手としての出場経験もあり、「持ち味である勝負強いバッティングを全国の舞台で披露したい」と意気込む。

■伏木海陸運送

 投手=大川将史(バイタルネット)▽捕手=久恵将之(富山ク)▽内野手=桜吉宏樹(バイタルネット)

桜吉宏樹選手 拡大
桜吉宏樹選手

 桜吉内野手はバイタルネットのクリーンアップを担い、出塁率の高さが売り。昨年も補強選手として東京ドームを経験している。大川投手は2次予選北信越地区大会の1回戦で、昨年の社会人野球日本選手権出場のフェデックスを1失点に抑えて完投勝利するなどの活躍を見せた。

■新日鉄住金鹿島

 投手=角田皆斗、高橋史典▽外野手=林稔幸(以上、スバル)

角田、林両選手は昨年、日立製作所に補強され準優勝に貢献し、大会優秀選手に選ばれた。角田投手は「(敢闘賞の)久慈賞にも匹敵する」と評価された。

■日立製作所

 捕手=唐谷良磨▽内野手=日置翔兼▽外野手=西村凌(以上、スバル)

■日本通運

 投手=幸松司(JFE東日本)▽内野手=田中健(新日鉄住金かずさマジック)▽外野手=内藤大樹(JFE東日本)

田中健選手 拡大
田中健選手

ベテランの幸松投手は右のサイドスロー。かずさの主将・田中選手について、藪宏明監督は「勝負強くしぶとい。(日本通運の)チームカラーに合っている選手」とし、内藤選手は「JFE東日本でも主軸を務めている。外野の一角として期待している」と話している。

■ホンダ

 投手=松尾雄亮(新日鉄住金かずさマジック)中林伸陽▽捕手=川端晃希(以上、JFE東日本)

中林伸陽投手 拡大
中林伸陽投手

中林投手は経験豊富な左腕。松尾投手は直球と変化球のコンビネーションが持ち味で、かずさでは新人ながらエースを任されている。川端選手はJFE東日本で4番を打ち、長打力が魅力。

■NTT東日本

 投手=野口亮太(鷺宮製作所)▽外野手=加藤孝紀(明治安田生命)

強打者の加藤孝紀選手は予選で力を出し切れなかったようだが、東京ドームに強く、大きな期待がかかる。

■東京ガス

 投手=西村純季▽捕手=長沢健弘▽内野手=渡辺侑也(以上、鷺宮製作所)

■JR東日本

 投手=古田康浩、三宮舜(以上、明治安田生命)加藤正志(REVENGE99)

■セガサミー

 内野手=井村滋、島田隼斗▽外野手=宮川翔太(以上、明治安田生命)

■三菱日立パワーシステムズ

 投手=斎藤俊介、左沢優▽内野手=若林晃弘(以上、JX-ENEOS)

左沢優投手 拡大
左沢優投手

 新人左腕の左沢選手は西関東予選で2試合に登板。速球と変化球のキレが持ち味で、後藤隆之監督は「球に勢いがあり私の好きなタイプ」と期待を寄せる。斎藤選手は代表決定リーグ戦の東芝戦に先発し、140キロ台後半の速球で打者を圧倒した。若林選手は、左打者の内野手が多い三菱日立にとって、三拍子そろったスイッチヒッターとして活躍が期待される。

■東芝

 投手=柏原史陽▽内野手=山崎錬、渡辺貴美男(以上、JX-ENEOS)

山崎錬選手 拡大
山崎錬選手

 山崎選手は代表決定リーグ戦の三菱日立戦で先制の本塁打を放った。渡辺選手について、工藤賢二監督は「打撃はうちにはない粘り強さを持っている」と話し、ポジション争いによるチームの活性化も期待している。昨年も東芝の補強選手に選ばれた柏原選手は、先発陣が薄い

東芝の救世主となりそうだ。

■三菱自動車岡崎

 投手=戸田公星(JR東海)近藤均(王子)▽外野手=矢幡勇人(ヤマハ)

王子から一昨年の小野賞右腕・近藤が補強選手として加わった。

■東邦ガス

 投手=長岡宏介▽内野手=伊礼翼(以上、王子)▽外野手=鈴木光(ヤマハ)

■新日鉄住金東海REX

 投手=九谷青孝、鈴木博志(以上、ヤマハ)▽外野手=亀山一平(王子)

■三菱重工名古屋

 投手=若林篤志(JR東海)▽内野手=佐藤二朗(ヤマハ)中田亮二(JR東海)

■ホンダ鈴鹿

 投手=秋葉知一(JR東海)立野和明▽捕手=山根直輝(以上、東海理化)

ベテラン左腕の秋葉知一投手=四日市市出身=の存在が頼もしい。今年で補強選手を含め10年連続出場となる。「野球を始めた三重県のチームで節目の10年表彰を受けるのは何かの縁」と胸を高鳴らせている。県立四日市工業高校で2年夏と3年春に甲子園に出場。ホンダ鈴鹿の補強選手は、いずれも東海理化の立野和明投手、山根直輝捕手を加えた計3選手。

■西濃運輸

 外野手=斎藤導久、井貝星良(以上、東海理化)

■日本生命

 投手=坂本光士郎(新日鉄住金広畑)▽内野手=青柳匠▽外野手=土井翔平(以上、大阪ガス)

■NTT西日本

 投手=猿渡真之▽捕手=岸田行倫▽内野手=峰下智弘(以上、大阪ガス)

猿渡真之投手 拡大
猿渡真之投手

猿渡真之投手は、2次予選で7試合のうち5試合で計32回3分の2を投げて防御率2.20。昨年の日本選手権、鷺宮製作所との準々決勝で大会史上3人目の無安打無得点試合(ノーヒット・ノーラン)を達成した。

■日本新薬

 投手=飯塚孝史(大阪ガス)▽内野手=立花允夫(ミキハウスク)▽外野手=大場勇希(新日鉄住金広畑)

■パナソニック

 投手=青木貴之(大阪ガス)▽捕手=小熊健大(ニチダイ)▽内野手=伊藤諒介(大阪ガス)

■三菱重工神戸・高砂

 内野手=大野弘仁(新日鉄住金広畑)▽外野手=近本光司、大谷幸宏(以上、大阪ガス)

■三菱重工広島

 投手=河野竜生▽内野手=岡将吾▽外野手=橋本拓也(以上、JFE西日本)

 高卒ルーキーの左腕、河野投手は力強い直球が武器。岡内野手は俊足好打が魅力で、橋本外野手は2次予選で本塁打を放つなど長打力を秘める。

■JR西日本

 投手=寺田健祐(シティライト岡山)▽内野手=小原礼史、内山孝起(以上、伯和ビクトリーズ)

 補強選手には、シティライト岡山から右腕の寺田投手、2次予選では中継ぎで活躍した。野手では、いずれも伯和ビクトリーズからパワーのある小原と好打者の内山を選んだ。

■JR四国

 投手=上田真也(アークバリア)菊池大樹▽内野手=国沢崇人(以上、四国銀行)

■西部ガス

 投手=伊波伸彰▽内野手=田場亮平(以上、沖縄電力)東向誠(JR九州)

■ホンダ熊本

 投手=内間敦也(沖縄電力)古市賢助▽内野手=堤喜昭(以上、宮崎梅田学園)

堤喜昭内野手 拡大
堤喜昭内野手

堤喜昭内野手は、宮崎梅田学園の入社1年目から4番。06年創部のチームから野手が補強選手に選ばれるのは初めて。

■九州三菱自動車

 投手=井上翔夢、吉田奈緒貴▽捕手=中野滋樹(以上、JR九州)