メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衆院選

有権者…政治にいら立ち、あきらめの感情も

毎日新聞・立命館大ネット共同研究

 衆院選(14日投開票)に関連し、世論調査やインターネットを通じて有権者の政治に対する感情を探ったところ、いら立ちなどの否定的な感情が強いことが分かった。その多くは安倍内閣を支持していないが、内閣支持も少なくない。政治に何も感じない「無感情」層では不支持より支持の方が多く、有権者側に募ったいら立ちやあきらめの感情を野党が受け止められていない実態が「自民党1強多弱」の背景に浮かんだ。

 毎日新聞と立命館大(西田亮介特別招聘(しょうへい)准教授)は昨年、インターネットを利用する選挙運動(ネット選挙)が解禁されたのを受け、ネットという対話ツールが有権者と政治の関係に与える影響などを共同で研究してきた。昨年の参院選と東京都知事選に続く今回は、選挙への関心が高まらない背景を探るため、有権者側の政治感情に着目した。

この記事は有料記事です。

残り932文字(全文1303文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  2. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  3. クルーズ船「乗船」の神戸大教授が対応批判 菅氏は「感染拡大防止を徹底」と反論

  4. 乗客らバスでターミナル駅へ 陰性の高齢者ら500人、クルーズ船下船 新型肺炎

  5. 「まさか栃木で」小6女児保護、大阪の住民ら驚き「よく頑張った」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです