メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自治はどこへ

【消滅可能性都市】活性度低い議会

 毎日新聞が実施した全国自治体議会アンケート(16日朝刊掲載)では、「消滅可能性」上位100の市町村議会のうち、89議会が回答した。89議会のうち、2011年統一地方選以降、議会に提出された議案を一つも修正せずに可決した議会は67議会(75・3%)で、全国の市区町村議会の平均の61・9%を約13ポイント上回った。消滅可能性都市では、議会の活性度も低い。

 議員提案による条例制定も低調だ。11年統一地方選以降に議員提案で政策条例を制定したのは11議会(12・4%)で、全国平均の15%を下回った。

この記事は有料記事です。

残り381文字(全文629文字)

日下部聡

1993年入社。浦和(現さいたま)支局、サンデー毎日編集部、東京社会部などを経て2018年4月から統合デジタル取材センター副部長。「『憲法解釈変更の経緯 公文書に残さず』など内閣法制局をめぐる一連の報道」で16年、第20回新聞労連ジャーナリズム大賞と日本ジャーナリスト会議(JCJ)大賞受賞。16~17年、英国オックスフォード大ロイタージャーナリズム研究所客員研究員。著書に「武器としての情報公開」(ちくま新書)。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「#FreeAgnes」 日本からも周庭氏逮捕への抗議続々

  2. 家族で登山中に行方不明の小6男児を無事発見 新潟・上越

  3. 周庭氏を逮捕 民主活動家 国安法違反容疑で香港警察

  4. 女性に無断で堕胎させた疑いで外科医を逮捕 麻酔薬飲ませる 岡山県警

  5. 家族で登山の小6男児が行方不明 新潟・上越で下山途中

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです