メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自治はどこへ

【消滅可能性都市】民意のかたち/1 衰退する民主主義 北海道上砂川町、首長も議員も無投票

 北海道の中央部に位置する上砂川町の「消滅可能性」の全国順位は42位。2006年の町長選から、助役や副町長が新人で無投票当選する状況が3回連続で起きている。新人無投票で当選した町長が2人続けて1期限りで退任したためだ。

 14年に副町長から無投票当選した奥山光一町長(56)は無投票が続く理由を「この町は乾いたぞうきんをずっと絞り続けてきたようなものだ。町の財政を考えれば、町長あたりだと、やりたいことはなかなかできない」と分析する。やれることが限られているから、なり手がない、という見方だ。

 上砂川町は炭鉱・三井砂川鉱業所を有した炭鉱城下町だ。1987年の炭鉱閉山後、町財政は徐々に悪化。2…

この記事は有料記事です。

残り1441文字(全文1736文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走 「不安なら車を運転しない選択肢を」 松永さんの夫会見
  4. トヨタ、マークXの生産終了へ 「マーク2」以来50年超の歴史に幕
  5. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです