メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国どこへ

大統領選に迫る(10)女性初の大統領へ決意 民主・ヒラリー氏本格始動

ニューヨーク市内のルーズベルト島で開いた集会で演説するヒラリー・クリントン前国務長官=2015年6月13日、西田進一郎撮影

 民主党のヒラリー・クリントン前国務長官(67)が6月13日、地元ニューヨークで大規模集会を開き、2016年大統領選に向けた選挙活動を本格的に始動した。初夏を思わせる強い日差しが照りつける中、マンハッタン島の摩天楼を臨むルーズベルト島には数千人(主催者発表5500人)が詰めかけた。

 クリントン氏は4月12日に動画で「普通の米国人はチャンピオン(擁護者)を必要としており、私がそのチャンピオンになりたい」と立候補を表明。その後2カ月間にわたり、候補者指名争いで序盤に予備選・党員集会が開かれる中西部アイオワ州や東部ニューハンプシャー州、南部サウスカロライナ州などで車座集会のような小さな会合を開き、「市民との対話」を重ねてきた。

 「強さ」を前面に出し、「勝つために出る」と公言して戦った2008年の候補者指名争いでは、「庶民から…

この記事は有料記事です。

残り2144文字(全文2508文字)

西田進一郎

1997年4月入社。岡山、神戸、長野各支局、東京本社社会部を経て2005年から12年まで政治部。第1次安倍政権や麻生政権から鳩山政権への政権交代を首相官邸で取材したほか、自民党を中心に与党、外務省などを担当した。13年4月から現職で、オバマ政権の内政や安全保障政策などを担当している。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 家も畑も「本当に無くなっちゃった」 「次はすぐ逃げる」 住民ぼうぜん 堤防決壊の千曲川

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです