メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

18歳選挙権

社会課題のデータをグラフ化 都立高島高で開始

検索して出てきたデータについて、メンターの助言を受ける生徒たち=東京都板橋区の都立高島高校で2016年1月18日、中村美奈子撮影

 今年夏の参院選を前に、東京都立高島高校で18日、社会課題のデータをグラフ化する特別授業が始まった。生徒たちはメンター(相談役)の助言のもと、社会課題の洗い出しやデータ探しに取り組んだ。

 ポータルサイト「ヤフーみんなの政治」の主催。新たに選挙権を得る未成年者に政治データの集め方と簡単な解析方法を学んでもらい、政治を身近なものにするのが狙い。東京、千葉、大阪の公立、私立高校計7校の生徒約200人を対象に今月から3月まで実施し、3月ごろ同サイトに専門家が作品にしてアップする。

 初回は、高島高校3年の選択科目「政治・経済」の1クラスで実施。18、19日の2日間に計3コマでデー…

この記事は有料記事です。

残り370文字(全文658文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 「職員室が怖かった分、子供といる時間幸せで…」いじめ被害教諭メッセージ全文

  3. 神戸教諭いじめ 加害者の男性教員が児童骨折させる 他にも問題行為か

  4. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  5. 「いけないことを教える立場が」「人間として恥ずべき」神戸教諭いじめ 謝罪コメント要旨

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです