メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

選挙

沖縄・宜野湾市長選 自公系が再選 政府、辺野古移設を推進

 米軍普天間飛行場を抱える沖縄県宜野湾市の市長選が24日投開票され、普天間飛行場の名護市辺野古への県内移設計画を推進する政府・与党が推す現職の佐喜真淳(さきまあつし)氏(51)が、移設に反対する沖縄県の翁長雄志(おながたけし)知事が全面支援した新人の元県幹部、志村恵一郎氏(63)を大差で破って再選を果たした。政府は普天間飛行場の地元市長選を勝利したことで計画に一定の理解を得たとして辺野古沿岸部の埋め立てに着手して移設を進める。一方、翁長知事の辺野古移設への反対姿勢は変わらず、対立は続くことになる。

この記事は有料記事です。

残り1654文字(全文1905文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 警視庁 留置されている男が感染 新型コロナ

  2. 和太鼓演奏グループ「DRUM TAO」メンバー感染 クラスター発生か

  3. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  4. 新型コロナ 名古屋、往来ひっそり 愛知、緊急事態宣言対象外

  5. 「歌舞伎町のホスト、名古屋への出張営業」 情報拡散 店が愛知県知事に釈明し謝罪

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです