メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宜野湾市長選

市民の選択は…地域振興を掲げる現市政継続

宜野湾市長選で落選が確実となり、支持者に頭を下げる志村恵一郎さん(手前右)。中央は厳しい表情の翁長雄志・沖縄県知事=沖縄県宜野湾市普天間の選挙事務所で2016年1月24日午後9時33分、野田武撮影

 米軍普天間飛行場の事故や騒音に苦しみ続ける沖縄県宜野湾市の市民は、名護市辺野古への県内移設を推進する政府との対決ではなく、政府の後ろ盾を得て地域振興を掲げる現市政の継続を選んだ。24日に投開票された宜野湾市長選は、現職の佐喜真淳(さきま・あつし)さん(51)が再選した。辺野古への移設に反対する新人の志村恵一郎さん(63)を支援した翁長雄志(おなが・たけし)知事にとっては手痛い1敗となったが、反対派は今後も移設阻止を訴え続ける姿勢を確認した。

 「辺野古移設に『宜野湾市民も反対だ』との意思を示す選挙だという私の訴えが届かなかった。市民に浸透し…

この記事は有料記事です。

残り717文字(全文990文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. JR茨木駅で男性転落、右足一部切断の重傷 約3万人に影響

  2. 白いマダコを展示 水族館スタッフ「擬態できず、苦労したと思う」 下関・海響館

  3. 立憲、ジャパンライフ会長と首相「35年来の知人だった可能性」指摘

  4. 元警部銃撃 工藤会トップら2人に2審も賠償命令 初の高裁判決

  5. 「世界に風穴を開けるのは発達障害」 自身もアスペルガーのカウンセラー「グレタ現象」を語る

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです