メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衆院補選

「安保語ってほしかった」北海道5区

衆院北海道5区補選で当選した自民党の和田義明氏(中央)=札幌市厚別区で2016年4月24日午後10時29分、手塚耕一郎撮影

 夏の参院選を控え、今後の政局を占うとして注目された衆院ダブル補選。接戦となった北海道5区は自民党が議席を死守。京都3区は民進党が結党後、初議席を獲得した。安全保障関連法の成立・施行後、初の国政選挙で最大の争点だったが、与野党とも直後に発生した熊本地震への対応に追われるなどし、論議は深まらなかった。

 与野党対決となった北海道5区。自民党新人の和田義明氏(44)=公明、こころ推薦=と無所属新人の池田真紀氏(43)=民進、共産、社民、生活推薦=が最終盤まで激しい選挙戦を繰り広げた。

 故町村信孝・前衆院議長の娘婿で「弔い合戦」を制した和田氏は札幌市厚別区にある事務所で万歳した後、「…

この記事は有料記事です。

残り1326文字(全文1617文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  2. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  3. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

  4. 白血病から復活、後輩Jリーガーを励まし 励まされ プロップ稲垣、奮闘の源泉

  5. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです