メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衆院補選

「安保語ってほしかった」北海道5区

衆院北海道5区補選で当選した自民党の和田義明氏(中央)=札幌市厚別区で2016年4月24日午後10時29分、手塚耕一郎撮影

 夏の参院選を控え、今後の政局を占うとして注目された衆院ダブル補選。接戦となった北海道5区は自民党が議席を死守。京都3区は民進党が結党後、初議席を獲得した。安全保障関連法の成立・施行後、初の国政選挙で最大の争点だったが、与野党とも直後に発生した熊本地震への対応に追われるなどし、論議は深まらなかった。

 与野党対決となった北海道5区。自民党新人の和田義明氏(44)=公明、こころ推薦=と無所属新人の池田真紀氏(43)=民進、共産、社民、生活推薦=が最終盤まで激しい選挙戦を繰り広げた。

 故町村信孝・前衆院議長の娘婿で「弔い合戦」を制した和田氏は札幌市厚別区にある事務所で万歳した後、「…

この記事は有料記事です。

残り1326文字(全文1617文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS “エヴァ芸人”桜 稲垣早希、妊娠を報告「食べつわりでした」

  2. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  3. 「救急車もう限界」 適正利用呼びかけ 「酒飲んで運転できない」で通報も 福岡・飯塚地区消防本部

  4. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  5. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです