メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

参院選

福島選挙区 野党が民進・増子氏に候補者一本化

 今夏の参院選福島選挙区(改選数1)で統一候補の擁立を模索していた民進、共産、社民の野党3党は、民進公認で現職の増子輝彦氏(68)に候補を一本化することで合意した。集団的自衛権の行使を認めた安全保障関連法の廃止を政策の軸に共闘を進める。3党が福島市内で6日に選挙協力の合意書に署名して正式決定する。

 共産は、候補者の一本化に伴い、福島選挙区に擁立することを決めていた新人の熊谷智氏(36)を比例代表に回す方針だ。他に同選挙区には、自民現職の岩城光英氏(66)と幸福実現党新人の矢内筆勝氏(54)が立候補予定で、野党共闘の成立によって、選挙戦の構図がほぼ固まった。

 一本化を巡っては、現政権下で成立した安保関連法に反対する市民団体「安全保障関連法の廃止を求めるふくしま県市民連合」の呼びかけで、野党3党が協議を重ねてきた。

この記事は有料記事です。

残り515文字(全文875文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 腹の虫がおさまらない?マメガムシ食べられてもカエルの尻から脱出 神戸大

  2. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

  3. ベトナムで感染力強い型のコロナ流行か 首相「拡大防止へ重要な時期」

  4. 生かせなかった“原爆搭載機情報” 96歳「広島に空襲警報出せていたら」

  5. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです