メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

政治しようよ

18歳選挙権 10代「投票行く」66% 20歳以上並み 有権者意識が浸透

 夏の参院選で選挙権年齢の下限が18歳に下がることを受けて、毎日新聞は16歳から20代前半までの高校生と大学生約3000人を対象にアンケートを行った。18、19歳で「投票に行く」と答えた比率は66%で、20歳以上(71%)と大きな差はなく、有権者の意識が浸透しつつあることが結果からうかがえる。全年齢を通じて「投票に行く」とした人の半数は選挙で社会が変わると考えており、10代有権者を含む若い世代で1票の行使に一定の期待感が広がっているようだ。

この記事は有料記事です。

残り872文字(全文1094文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10~30代の死因1位は自殺 G7で日本のみがトップ
  2. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
  3. 見知らぬ男に傘で目突かれる 目黒駅前で 男性失明の恐れ 警視庁捜査
  4. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  5. 情熱大陸 世界の深海に挑む美しき人魚姫 世界新記録を持つフリーダイバー・木下紗佑里に密着!

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです