メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

注目区ルポ

2016参院選 熊本 震災で「復興」一色に 野党共闘「先駆け」手探り続く

「がんばろう!熊本」と書かれた鉢巻き姿で集会に参加した支援者ら=熊本市西区で4日、中里顕撮影

 野党は参院選の32ある「1人区」で、候補者を一本化して「自民1強」の構図を崩そうとしている。熊本は全国で最初に統一候補の擁立を決めた選挙区だ。ただ、4月14日に始まり最大震度7を観測した熊本地震の死者・安否不明者は50人を数え、今なお6000人以上が避難生活を送る。震災は選挙戦の様相を一変させた。

この記事は有料記事です。

残り1174文字(全文1324文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「助けて」茨城・境町で夫婦死亡 県警は殺人事件で捜査

  2. 再思三省 第78回 ラグビーW杯始まります

  3. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  4. あえて言う れいわに感じる「もやもや」

  5. 風知草 放射能、海に捨てるなら=山田孝男

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです