メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本のゆくえ・公約分析

2016参院選(その1) 成長から分配、自民転換 アベノミクス批判回避狙う

 22日に公示される参院選で、自民、公明両党は経済政策「アベノミクス」の継続を訴え、安倍晋三首相の政権運営に有権者の信任を得ようとしている。しかし、経済以外にも国政の課題は数多く存在する。旧民主党政権の失敗で「マニフェスト選挙」は色あせたが、選挙公約を単なる「口約束」に終わらせないために、各党の主張を比較し、選挙戦の論点を探った。

この記事は有料記事です。

残り3440文字(全文3606文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  2. 高齢者事故「娘の死は殺人」 発生3年、母が制度改正訴え活動

  3. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出

  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに

  5. HIV感染告げなかったことを理由に内定取り消し 社会福祉法人に賠償命令 札幌地裁

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです