メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2016

参院選 毎日新聞総合調査 「1人区」野党苦戦 共闘の効果薄く

1人区の情勢は

 毎日新聞による総合調査では、憲法改正に前向きな自民、公明両党などの「改憲勢力」が3分の2をうかがう情勢で、参院選後に憲法改正が具体的な政治日程にのぼる可能性が出てきた。民進、共産、社民、生活の4野党は全国で32ある改選数1の「1人区」で候補者を一本化する共闘を展開しているが苦戦しており、想定したほどの効果が出ていない。一方で与党内には陣営の緩みを警戒する声も出ている。【野口武則、仙石恭】

この記事は有料記事です。

残り2140文字(全文2336文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

  2. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  3. ORICON NEWS 本田翼、外出する若者に「がくぜんとした」 新型コロナ感染拡大防止に訴え

  4. 愛知県警でクラスター発生 警察官や親族など計21人感染

  5. 厚労省支援金、AVはOKでもストリッパーはNG? 女優「みんながもらえるようにして」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです