メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
参院選

東奔西走・共産党委員長 「共闘」は護憲のため

街頭演説を前に髪形を整える共産党の志位和夫委員長=山形市で2016年6月28日、佐々木順一撮影

共産党委員長・志位和夫氏

 全国32の1人区(改選数1)で民進、社民、生活の3野党と候補者を一本化した。香川以外で公認候補を取り下げ「共闘」を実現させた立役者は「どの選挙区も自分たちの候補者のつもりで応援する。新鮮な体験だ」と言い切る。

 1990年に35歳で党書記局長に就任した当時、自民党幹事長だった…

この記事は有料記事です。

残り162文字(全文312文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 陸自試験で集団カンニング、45人停職 教官漏えい、写真撮りスマホで同僚に拡散

  2. 中京学院大中京・藤田主将 高校No.1捕手が到達した「個々の強み生かすリード」

  3. 「突然画像が表示されて」「自分は特定されているのか」エアドロップ痴漢 被害女性、パニックに

  4. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  5. 相次ぐ「エアドロップ痴漢」 設定変更で被害防止を

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです