メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

政治しようよ

沖縄の宮城究さん、無関心でいられない

県民大会でプラカードを掲げる大勢の参加者に囲まれ、メモを取る予備校生の宮城究さん=那覇市の奥武山陸上競技場で2016年6月19日、森田剛史撮影

宮城究(きわむ)さん

 スピーカーから響く壇上の弁士の声を書き留めたメモは、怒りと悲しみで埋まった。那覇市で6月19日に開かれた、元米海兵隊員の男が逮捕された女性殺害事件に抗議する沖縄県民大会。沖縄の歴史は学校で学んだが、現場で県民の声を聴きたいと思って会場に向かった。米軍基地が沖縄に集中しているため…

この記事は有料記事です。

残り161文字(全文311文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  3. 堀江「相手が強くてかなわなかった」 ラグビーW杯 日本4強ならず

  4. 「日本はこれから強くなる」リーチ主将 ラグビーW杯 日本4強ならず

  5. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです