メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

vote18インタビュー

学生で自治体の参与になった塙佳憲さん「若い世代と町をつなぐ役に」

「道の駅さかい」の敷地内のサイクリングカフェでくつろぐ塙佳憲さん。町は週刊少年チャンピオンに連載中の人気自転車漫画「弱虫ペダル」と連携し、キャラクター入りのグッズを期間限定で販売する=中村美奈子撮影

 18歳以上に選挙権年齢が引き下げられた参院選。政治に要望する立場を飛び越えて、自治体の参与になった18歳がいる。慶応大学総合政策学部1年で、今年4月に人口約2万4000人の茨城県境町の参与に就任した、塙佳憲さんだ。担当は若者向けマーケティング戦略。仕事ぶりをのぞき、まちづくりへの思いを聞いた。【中村美奈子/デジタル報道センター】

 東武鉄道の東武動物公園駅からバスで40分。茨城県南西部にある境町役場で、橋本正裕町長の諮問機関、境…

この記事は有料記事です。

残り2776文字(全文2992文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  2. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  3. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  4. GPIF理事長を減給処分 「女性と関係」内部通報、監査委員に報告遅れ

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです