メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

政治しようよ

18歳選挙権 障害ある10代も1票 選管、特別支援校で講座

知的障害などがある生徒たちの保護者に公職選挙法について説明する千葉県習志野市選管の上野久局長=千葉県八千代市の八千代特別支援学校で2016年5月

 選挙権年齢が18歳以上に引き下げられた参院選に向け、障害者が通う特別支援学校で保護者を対象に投票制度の出前講座をしてきた選挙管理委員会がある。障害者の投票は障害の種類や度合いによって投票方法や投票所での留意点が異なり、保護者から相談を受けた学校が選管に要請した例もある。「うちの子も投票できると分かった。一緒に投票したい」と保護者に好評だ。【田ノ上達也】

この記事は有料記事です。

残り1216文字(全文1394文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 帰宅後、英会話塾行かず 殺人事件と断定 埼玉小4男児死亡 埼玉県警

  2. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

  3. ファミマ店員がコンビニ納税を着服 手続き後に取り消す 8件で12万円 石川

  4. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  5. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです