メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

18歳選挙権

大学1年生に3年生が模擬選挙の授業 東洋大

参院選を前に、比例代表の模擬選挙で投票する東洋大の学生たち=東京都文京区の同大で2016年7月5日、五十嵐英美撮影

 18歳以上が有権者となった参院選を前に、初めて投票する大学1年生を対象にした模擬選挙の授業が5日、東京都文京区の東洋大であった。3年生が教師役を務め、選挙の仕組みや各政党の公約について説明。1年生はグループで討論後、本物の投票箱に“1票”を投じた。

 同大社会学部社会福祉学科の3年生5人が、同学科の1年生約100人に実施した。アイドルグループ「AKB48」の総選挙になぞらえ、「1票は自分の思いを伝え、若者のための政策を選ぶチャンス」と語り、選挙区と比例代表の違いや、各政党の公約のポイントをスライドに映した。

 続いて、各政党の公約比較の一覧表を見ながら、グループごとにどの党のどの政策に重点を置いて投票するか…

この記事は有料記事です。

残り445文字(全文751文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  4. アイヌ「先住民否定」日本会議が講演会 札幌市施設で開催へ 抗議相次ぐ

  5. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです