メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

18歳選挙権

大学1年生に3年生が模擬選挙の授業 東洋大

参院選を前に、比例代表の模擬選挙で投票する東洋大の学生たち=東京都文京区の同大で2016年7月5日、五十嵐英美撮影

 18歳以上が有権者となった参院選を前に、初めて投票する大学1年生を対象にした模擬選挙の授業が5日、東京都文京区の東洋大であった。3年生が教師役を務め、選挙の仕組みや各政党の公約について説明。1年生はグループで討論後、本物の投票箱に“1票”を投じた。

 同大社会学部社会福祉学科の3年生5人が、同学科の1年生約100人に実施した。アイドルグループ「AKB48」の総選挙になぞらえ、「1票は自分の思いを伝え、若者のための政策を選ぶチャンス」と語り、選挙区と比例代表の違いや、各政党の公約のポイントをスライドに映した。

 続いて、各政党の公約比較の一覧表を見ながら、グループごとにどの党のどの政策に重点を置いて投票するか…

この記事は有料記事です。

残り445文字(全文751文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです