メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

政治しようよ

戦争のない世界作りたい 広島の19歳

オバマ米大統領が歩いた遊歩道で、原爆投下前の街の地図を見る中村祐理さん。「世界は少しずつ変えられると勇気をもらった」=広島市中区で2016年7月4日、山田尚弘撮影

中村祐理さん(19)

 広島県代表として第17代高校生平和大使の一人に選ばれ、2年前にスイスの国連欧州本部などを訪れて核廃絶を訴えた。

 今年5月、唯一の核使用国・米国からオバマ大統領が初めて広島を訪れた。「草の根の活動も続けていれば、世界を動かせる。そんな希望を持てた出来事でした」と原爆投下前の広島の…

この記事は有料記事です。

残り156文字(全文306文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  2. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  3. ORICON NEWS はあちゅう氏が第1子男児出産「力を合わせて育てていきたい」 しみけんがパパに

  4. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  5. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです