メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

改憲 「家族助け合い」は弊害も

 10日投開票の参院選は、改憲勢力が3分の2以上の議席を占めるかどうかが最大の焦点。戦争放棄を定めた憲法9条より先に改憲の対象になると予想されるのが「家族条項」だ。家族のかたちや国民の暮らしにどんな影響を与えるだろうか。

この記事は有料記事です。

残り2893文字(全文3003文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「そのお金を医療に回せ!」 コロナ政策「暴走」を漫画でバッサリ 作者の思い

  2. 契約額は「22円」 三菱電機、ミサイル監視の衛星研究を驚きの低価格で受注

  3. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  4. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  5. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです