メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2016参院選

「1票の格差」一斉提訴 最大3.08倍、無効訴え 14高裁・支部

1票の格差問題で10日に行われた参院選に対して無効を求め東京高裁に提訴する升永英俊弁護士(左から2人目)ら=東京・霞が関で11日午後2時55分、内藤絵美撮影

 10日投開票の参院選で選挙区間の「1票の格差」が最大3・08倍だったのは違憲として、弁護士グループが11日、全45選挙区の選挙無効を求めて全国の8高裁と6高裁支部に一斉提訴した。公職選挙法は選挙無効訴訟について「100日以内の判決」を努力規定にしており、早ければ今秋から判決が相次ぐ。その後、最高裁が統一判断を示すことになる。

 一斉提訴したのは、投票価値の平等を求めて活動する升永英俊弁護士らのグループ。同様の取り組みをする山…

この記事は有料記事です。

残り764文字(全文978文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 衆院内閣委 桜田五輪相「判断力は抜群」「世界で有名に」
  2. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
  3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  4. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ
  5. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです