メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

都知事選

鳥越氏、残りの人生を東京に

記者会見で都知事選への出馬表明をするジャーナリストの鳥越俊太郎さん=東京都内のホテルで2016年7月12日午後2時2分、中村藍撮影

 東京都知事選の告示まで2日に迫った12日、ジャーナリストの鳥越俊太郎氏(76)が出馬表明し、野党統一候補として擁立された。鳥越氏の記者会見での主なやり取りは次の通り。

 ◆昨日(11日)の夕方ごろに出馬を決めた。残りの人生を東京にささげたい。きちんとした公約はまだできていない。出ようと思ったのは参院選の開票状況を見ていて、戦後70年間の平和な時代の流れが変わり始めたと感じたから。戦争を知る最後の世代として、平和と民主主義の中で育ってきた。憲法改正が射程に入ってきたことは国政の問題。しかし、都民の皆さんにも訴えて、参院選と違う結果が出ればうれしい。

この記事は有料記事です。

残り541文字(全文817文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪府立高3校が臨時休校 コロナ感染確認で初の措置 教職員と生徒計2人

  2. 自宅で腹から出血、24歳会社員女性死亡 殺人の疑い 兵庫・姫路

  3. 埼玉で新たに34人感染確認 新型コロナ

  4. 俳優・榊原徹士さんコロナ感染 山本裕典さんらと同じ舞台に出演

  5. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです