メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

都知事選

野党共闘、枠組み維持 政権批判票の分散回避

野党共闘を巡る構図

 民進党など野党4党が12日、東京都知事選の統一候補としてジャーナリストの鳥越俊太郎氏の擁立を決めたのは、政権批判票が分散する事態は避けたいとの判断からだ。参院選では改憲勢力の3分の2を阻止できなかったが、野党4党は共闘の枠組みを維持したまま首都決戦に臨む構えだ。【朝日弘行】

 「野党4党で都政を刷新するのが一番望ましい姿だ」。民進の枝野幸男幹事長は12日の記者会見で野党共闘の意義を強調した。

 4党はこれに先立ち、国会内で開いた幹事長・書記局長会談で鳥越氏の支援で合意。枝野氏は参院選の32の1人区(改選数1)で候補を一本化した経緯に触れ、「特段の地元事情がなければ(共闘の)枠組みを大切にしたい」と語った。

この記事は有料記事です。

残り510文字(全文815文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 浜崎あゆみ、ドラマ『M』最終回で初コメント「最低で最高で、大嫌いで大好きでした」

  2. コロナ休校で10代の妊娠相談急増 性教育の機会なく、バイト中止で避妊具買えず

  3. 長崎大生が新型コロナ感染 大学病院実習中に発熱 長崎県内18人目

  4. 世界の感染、1日で過去最多21万人増 米、ブラジルで拡大 新型コロナ

  5. 東京で新たに111人の感染確認 4日連続100人超 新型コロナ

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです