メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

都知事選

告示 与党分裂、野党共闘 政治とカネ、五輪課題 31日投開票

(右から)都知事選に立候補し第一声を上げる鳥越俊太郎氏、増田寛也氏、小池百合子氏

 舛添要一氏の辞職に伴う東京都知事選が14日告示され、午後1時までに新人16人が立候補を届け出た。3代続けて知事が任期途中で辞職した都政の立て直しが当面の課題となるが、出馬表明の遅れで候補者の具体的な政策は出そろっておらず、争点は明確になっていない。選挙戦は1999年以来17年ぶりの「分裂選挙」となる自民党と、共闘で臨む野党を中心とした構図になる。投票は31日に行われ、即日開票される。

この記事は有料記事です。

残り1608文字(全文1802文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 草彅剛さん、来年のNHK大河ドラマで徳川慶喜役「僕の人生にも大きな役」

  2. 東京の感染者、「夜の街」関連110人 新宿でのアイドル舞台で10人感染「クラスター」か

  3. 新型コロナ「後遺症」研究へ 退院後も息苦しい、疲れやすい… 厚労省、2000人対象

  4. 「黄信号」点灯間近に 基準緩和の大阪モデル 1週間で感染100人超

  5. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです