メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

都知事選告示

首都のあす、論戦スタート

東京都知事選の歴史

 東京都知事選は14日、17日間にわたる真夏の選挙戦がスタートした。

 民進、共産、生活、社民の野党4党の統一候補として、告示2日前に出馬を表明したジャーナリストの鳥越俊太郎氏(76)は午前10時半過ぎ、東京都新宿区のJR新宿駅東南口で第一声を上げた。4党の代表らも並び、共闘をアピールした。

 500人を超える聴衆の声援の中、鳥越氏は舛添要一前知事の「政治とカネ」の問題に触れ、「都民の汗と努力の結晶である税金を無駄にしてはいけない」と力強く語った。

 さらに「報道の現場で51年間、アウトサイダーで社会を見てきたが、このままでいいのかと思った」と決断の経緯を説明。「住んでよし、働いてよし、環境によしの新しい東京をつくっていこう」と呼びかけた。【柳澤一男】

この記事は有料記事です。

残り588文字(全文915文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 寺で同性結婚式 指輪の代わりに虹色数珠 「性関係なく幸せに」 埼玉・川越

  2. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

  3. 誰のための補正予算? 「幽霊会社でも務まる」民間委託の謎 疑問に答えぬ政府

  4. 米グーグルを集団提訴 ブラウザー利用者「シークレットモードで履歴収集」

  5. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです