メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

’16都知事選

主要3候補主張 政治とカネ、正す 納税者意識もって/海外出張にルール/第三者委で再検証

候補者の演説に足を止める有権者ら=東京都渋谷区で2016年7月14日午後4時24分、竹内幹撮影

 14日告示された東京都知事選は、舛添要一前知事が高額な海外出張費や政治資金の支出を巡る公私混同問題で辞職に追い込まれたのに伴い実施される。猪瀬直樹元知事に続き、2代の都知事が辞職する原因となった「政治とカネ」の問題について、主要候補者はどう主張しているのか。【曽田拓】

この記事は有料記事です。

残り641文字(全文776文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「守ってあげれなくてごめんなさい」 急死の木村花さんの母がツイート

  2. 劇場やスポーツ観戦、5月末にも再開 東京都、休業要請緩和前倒し検討

  3. 27%ショック「底打った」「危険水域」与党動揺 石破氏「かなり厳しい」

  4. 新型コロナ対応、評価トップは吉村大阪府知事 毎日新聞世論調査

  5. SNSの個人攻撃はなぜ繰り返されるのか 木村花さん急死で渦巻く議論と構造的課題

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです