メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

都知事選

梅雨の合間、熱い訴え ラストサンデー

渋谷で開かれた街頭演説の聴衆の中には、「ポケモンGO」で遊ぶ若者の姿も=東京都渋谷区で2016年7月24日午後7時53分、喜屋武真之介撮影

 31日投開票の東京都知事選は24日、選挙戦最後の日曜日を迎えた。休日を楽しむ有権者にアピールしようと、主要候補者は都心の繁華街や郊外の行楽地などを駆け回った。演説には政治家や市民らも参加し「ラストサンデー」を盛り上げた。

 この日の東京都心の最高気温は29度。梅雨明けは遅れているものの晴天に恵まれ、蒸し暑い一日となった。

 演説場所に外国人観光客の姿も目立つ銀座、歩行者天国でにぎわう新宿を選んだのはジャーナリストの鳥越俊太郎氏(76)。民進党の蓮舫代表代行が応援に駆け付け、支持者の大学生らもマイクを握り教育、労働、社会問題などの解決を訴えた。打楽器も演奏され演説を盛り上げた。

この記事は有料記事です。

残り298文字(全文588文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゾウの死骸に大量のプラごみ タイ当局解剖、消化器官に詰まり出血か

  2. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  3. 首相を不祥事から守れば出世できるのか 太田主計局長の財務次官内定で感じた「既視感」

  4. 大阪モデル黄信号 吉村知事「ピンポイントの戦略打つ」 「夜の街」対策を徹底 休校や施設休業は求めず

  5. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです