メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

都知事選

政策理解、半数超す 本社情勢調査

 東京都知事選について23、24日に毎日新聞が実施した電話世論調査で、候補者の政策や資質を理解できているとした人は「十分に」と「ある程度」を合わせて半数を超えた。多くの候補者が告示直前に出馬表明したが、それぞれの訴えや自己アピールは有権者に一定程度、浸透している様子がうかがえる。

 主要3候補で最も遅く告示2日前に出馬表明した鳥越俊太郎氏を支持する人の6割強が政策や資質を「十分に」「ある程度」理解できていると回答した。知名度の高さも影響しているとみられる。小池百合子氏や増田寛也氏を推す人では計6割弱だった。ただ「十分に理解でき…

この記事は有料記事です。

残り399文字(全文664文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 連日200人超は第2波か 保健所「手いっぱいだ」 病院「もう少し先か」

  2. サッシャさんも感染 山本裕典さんらの舞台で共演  出演者ら14人感染確認

  3. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  4. 官僚も憤る電通「中抜き」の構図 源流にあの「官邸官僚」と民主党時代の決定

  5. 「香港は“1国1制度”に。とても悲しい」 民主派・周庭さん

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです