メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

都知事選

与野党、追い込み懸命 党幹部、前面に 最終盤

 東京都知事選は31日の投開票に向けて最終盤に入り、自民、民進両党幹部が前面に出て追い込みに懸命になっている。毎日新聞などの情勢調査では、政党の推薦を受けない小池百合子候補(64)がリードする展開になっており、このままでは両党とも首都で存在意義が問われかねないためだ。

この記事は有料記事です。

残り1455文字(全文1589文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ペナルティのワッキーさん、中咽頭がん治療のため一時休養

  2. ORICON NEWS ペナルティ・ヒデ、中咽頭がん公表の相方・ワッキーに言及「前向きに治療に専念致します」

  3. 新型コロナ 安中の感染女性、ヨコオ工場勤務 /群馬

  4. アーモンドアイ「8冠」ならず 国枝調教師「ため息しか出ない」 優勝はグランアレグリア GⅠ安田記念

  5. 法務省「黒川氏の退職、捜査に支障ない」 定年で「重大な障害」だったのでは?

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです