メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

都知事選

与野党、追い込み懸命 党幹部、前面に 最終盤

 東京都知事選は31日の投開票に向けて最終盤に入り、自民、民進両党幹部が前面に出て追い込みに懸命になっている。毎日新聞などの情勢調査では、政党の推薦を受けない小池百合子候補(64)がリードする展開になっており、このままでは両党とも首都で存在意義が問われかねないためだ。

この記事は有料記事です。

残り1455文字(全文1589文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉で新たに31人感染確認 新型コロナ

  2. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  3. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  4. 自宅で腹から出血、24歳会社員女性死亡 殺人の疑い 兵庫・姫路

  5. 大阪府立高3校が臨時休校 コロナ感染確認で初の措置 教職員と生徒計2人

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです