メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

’16都知事選

10代「政策論争足りない」 新有権者「中傷合戦」批判も

 6月に18歳選挙権が施行され、31日投開票の東京都知事選は、都内の10代有権者が初めて自治体のトップを選ぶ機会になる。1300万人超の人々が暮らす首都の「顔」を決める今回の選挙戦をどのように見て、各候補者に何を求めているのだろうか。

この記事は有料記事です。

残り780文字(全文898文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉で新たに31人感染確認 新型コロナ

  2. 自宅で腹から出血、24歳会社員女性死亡 殺人の疑い 兵庫・姫路

  3. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  4. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  5. 大阪府立高3校が臨時休校 コロナ感染確認で初の措置 教職員と生徒計2人

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです