メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

都知事選

10代「政策論争足りない」 中傷合戦批判も

 6月に18歳選挙権が施行され、31日投開票の東京都知事選は、都内の10代有権者が初めて自治体のトップを選ぶ機会になる。1300万人超の人々が暮らす首都の「顔」を決める今回の選挙戦をどのように見て、各候補者に何を求めているのだろうか。

 毎日新聞は今年の参院選に関し、20歳未満の有権者に継続的にインタビューしてきた。そのうちの都内在住者に今回の都知事選について尋ねた。

 「中傷合戦になっているのではないか。知名度が重要視され、各候補の政策の違いが見えてこない」。練馬区在住の私立大1年の女子学生(18)は首を傾げる。

この記事は有料記事です。

残り633文字(全文891文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「健康とはほど遠い」 陰性になっても続く倦怠感と嗅覚障害 新型コロナ「後遺症」

  2. 伊藤詩織さんへのデマやバッシング 荻上チキさんの70万件分析で見えた傾向

  3. 声優の水樹奈々さんが結婚 「奈々にちなんだ7月に」 お相手は音楽関係者

  4. 耳栓にもアマビエ? まさかの商標出願に批判続出「誰のものでもない」

  5. 京都・祇園の舞妓2人が新型コロナ感染 感染経路不明、濃厚接触者20人は陰性

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです