メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2016

来月、衆院ダブル補選 与野党とも懸案抱え

参院東京10区をめぐる駆け引き

 参院選後初めての国政選挙となる衆院東京10区、福岡6区両補選(10月11日告示、同23日投開票予定)は、与野党とも懸案を抱えたまま、告示が迫ってきた。自民党は保守分裂の回避に苦悩し、代表選真っただ中の民進党は共産党との間合いの取り方に答えが出ていない。ダブル補選で安倍政権がさらに基盤を固めるのか、それとも野党が巻き返しのきっかけをつかむのか−−。

この記事は有料記事です。

残り2323文字(全文2498文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 河井案里氏を立件へ 夫の克行前法相と選挙で買収・共謀容疑 検察当局

  2. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  3. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

  4. 検察は黒川氏以外にも賭けマージャンをした者がいるか徹底的に調査せよ

  5. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです